無線部開発班

icon

The University of Tokyo Amateur Radio Club System Development Task Force

autodyne nextzlog
ToDo 0

Project Hell

2023-01-28T12:39:29Z

JG1VPP/hell

JG1VPP
0

pafelog.netの終息

2023-01-15T11:24:49Z

問題意識

この週末に以下の3点を実施した。

  • pafelog.netのnextzlog.devへの移行(ブランド戦略のため)
  • zylo.pafelog.netのうちマニュアル部分をnextzlog.github.io/zyloに移行(独自ドメインの廃止)
  • zylo.pafelog.netのうちパッケージレポジトリをpkg.zlog.orgに移行(将来を見据えたzLog系ドメインの集約)

これにより、pafelog.netは不要となった。ただし、zLogユーザのために現行のURLを維持し、301リダイレクトを行う。

対応

  • 2024年12月まで、ドメイン及びサーバを確保する。
  • 2023年夏頃に、ドメインの業者移管手続きを行う。

JG1VPP
ATS-4 enhancement 0

SSL/TLS証明書の自動取得

2023-01-09T09:15:58Z

問題意識

ATS-4のコンテナで、SSL/TLS証明書の取得・インストール手順を自動化する。

解決方法

certbotイメージを使うことで、Let’s EncrypytのDV証明書を自動取得できる。

JG1VPP
bug ZyLO 1

QSO.Insert系メソッドの動作確認

2022-11-03T14:51:15Z

概要

QSO.Insert,Delete,Updateメソッドを呼ぶとzLogが落ちる。

再現手順・設定

func onInsertEvent(qso *reiwa.QSO) {
  qso.Insert()
}

期待される動作

QSOが追加・削除・更新される。

対応期限

未定

JG1VPP
ToDo 3

次の開発計画

2022-10-30T06:10:12Z

概要

新規メンバーも加わったので、何か手頃な開発計画を立てて、一緒に取り組めれば良いですね。ということでやりたいことを何でも書き込みましょう。

JG1VPP
ZyLO enhancement CW 0

CW4 Identification Surveillance Response System

2022-10-29T14:02:31Z

構想

https://github.com/nextzlog/todo/issues/124 で完成したモールス信号解読の技術とリグコントロールを積極的に活用し、周波数帯の監視及び自動応答の機能を有するプラグインを実現する。

要素

  • モールス信号解読
  • リグコントロール

動作

  1. 周波数帯のワッチを開始する
  2. モールス信号を解読して周波数と呼出しメッセージを記録する
  3. 交信記録を参照して未交信の無線局を自動的にリスト表示する
  4. 自動応答モードの場合は自動選局後にボタンを押すことで交信を開始する

JG1VPP
bug ZyLO CW 2

CW解読プラグインのウィンドウを安全に閉じる

2022-10-29T11:19:18Z

概要

https://github.com/nextzlog/todo/issues/118#issuecomment-1295155422

JG1VPP
ZyLO enhancement CW 1

CW解読プラグインのベータ版リリース

2022-10-29T10:54:14Z

概要

https://github.com/nextzlog/todo/issues/91 以来、1ヶ月に渡り開発を続けてきたモールス信号解読プラグインが実用に耐える性能に達したので、ベータ版のリリースと広報の準備を行う。

JG1VPP
4

無線部開発班のメンバー募集

2022-10-25T10:00:33Z

概要

GitHubの組織としての無線部開発班は、以下の開発に興味がある方を募集しています。主に無線従事者が対象ですが、大学社団等の所属は問いません。

zLog

image

  • マニュアル整備
  • プラグイン整備

ATS-4

image

既にメンバーになっている方へ

可能であれば、公開メンバーとして活動いただければと思います。設定は各自でお願いします。

JG1VPP
ZyLO enhancement CW 10

CW解析プラグインの広報

2022-10-24T14:13:15Z

問題意識

運用をなんとかすれば(ウィンドウを閉じない)問題なさそうな問題が解決されていませんが、ボチボチ見栄えのいいプラグインができましたので、広報を検討しないといけない

解決方法

JA1ZLOというお約束のものだけでなく、パイルアップ・カスカスの局の解読もやらせた動画を撮ったのでそれをツイートする?

https://user-images.githubusercontent.com/58735989/197546870-6f7a6e87-83f0-4d80-8b5f-fccf498579d6.mp4

jucky154
bug ZyLO 2

マーケットプレイスの継続的修正

2022-10-22T05:02:41Z

概要

マーケットプレイスは、どれかひとつでも誤りがあると、全体の更新が停止するように構築している。その場合は、管理人は速やかに状況を修正する責任がある。ここでは、そのための連絡を行う。

JG1VPP
ATS-4 enhancement 0

JARL ver2.1のチェックログへの対応

2022-10-16T12:24:04Z

問題意識

https://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/e-log.html チェックログへの対応が簡単になったらしいです…

その都合で, おそらく今後提出されるJARLサマリーシートにもこういうのが含まれてくるので対応が必要と思われます…

解決方法

ATS-4の場合は一般に想定される手法(つまりは, 部門外のものが含まれていても特に気にせずに計算)で行われているので、#CHECKLOGという文字列は無視するとかで対応可能だと思われます。

jucky154
bug ZyLO zLog 4

zLogにおいてtelnetやリグコントロールの設定をするとプラグインが無効化されるというエラーが出る

2022-10-08T14:23:41Z

概要

zLogにおいてtelnetやリグコントロールの設定をするとプラグインが無効化されますがいいですかという警告が出る

再現手順・設定

zLog v2.8.3.2の日本語版(英語版は未確認)で各種設定->オプションからリグコントロールやパケットクラスターの設定( どちらか一方でも再現されました。 過去に一度、この警告を見ると見ないこともあるようです。 再現する場合は、zlog2.8.3.2をダウンロードしてすぐにプラグインをインストールして、その直後にここの設定の部分だけしてOKを押せばできると思います)をして、OKを押すと以下のような警告が出る。しかし、自分がやった限りではこの後にも普通にプラグイン(CW解析)は動いた plugin-muko

期待される動作

このような警告は表示されない

対応期限

ALL JA

jucky154
ZyLO enhancement 20

コンテストプラグインの充実

2022-10-06T04:30:06Z

問題意識

京都コンテストなど手計算が必要なコンテストに対応する。

解決方法

CFG/DAT file for zLogを参照。

JG1VPP
bug ZyLO CW 10

CW解析プラグインが開けない

2022-10-04T17:04:58Z

概要

CW解析プラグインがエラーによって開なかったとの報告をZLO部員からもらった マルウェアとして検知されているらしい

再現手順・設定

以下がエラーコード errormessage.txt

期待される動作

ウイルスとして認識されないようにする

対応期限

ACAG?

jucky154
documentation zLog 0

コンテスト単位の案内

2022-10-04T14:11:14Z

問題意識

CTESTWINではコンテストの対応状況が明記されている。このあたりのドキュメント化が不足している。

解決方法

/contests以下にテーブルを配置して、コンテスト毎の案内を掲載する。CFGファイルで対応可能なコンテストは、単にCFGファイルの頒布サイトにリンクを貼る。プラグインで対応しているコンテストの場合は、その導入方法を別のページで明記する。

JG1VPP
3

音声信号処理・無線通信工学本

2022-09-30T03:32:18Z

ネタ

  • 信号処理の基本
  • 折り返し雑音
  • サンプリング定理
  • 高速フーリエ変換
  • FIR/IIRフィルタの原理と設計・実装法
  • AM変調・SSB変調
  • 包絡線検波
  • プロダクト検波
  • ヘテロダイン現象
  • 自動利得制御
  • モールス信号の読み取り

JG1VPP
ZyLO enhancement 1

CTESTWINとの星取り表

2022-09-18T11:19:41Z

問題意識

SEOを意識して、CTESTWINとzLogの対立軸を明確化して、集客を目論む。

解決方法

星取り表を作って公開する。例えば、

機能 CTESTWIN zLog
ほげ

JG1VPP
ATS-4 enhancement 1

電通大コンテストの正式なサポート

2022-09-03T10:01:10Z

問題意識

ATS-4は電通大コンテストに機能面では対応しているが、ALLJA1とは異なり、コード品質の保証も含めたサポートではない。

解決方法

最低限、電通大コンテストの得点計算のテストをALLJA1と同様に実装してはどうか。

JG1VPP
ZyLO enhancement 7

zLog Forumの設置

2022-08-25T14:12:17Z

問題意識

これはZyLOというよりもzLog令和editionの機能をより多くの人に知ってもらい、その結果利用者が増え、ZyLOの利用者も増えるみたいなことを考えたものです

zLogの機能や設定について説明(wiki)やググってもわからない際に、どうしようもなくなってしまう

解決方法

https://forum.air-hamlog.com/c/support のような「機能の質問や説明を利用者同士(たまに開発者側)が行うサイト」を作る必要がある気がします。

課題

  1. そもそもの設置に関して どこでforumを開くのがいいのか… そのサーバの管理をどうするか… アカウントなどをどうするのがよいのか… githubのアカウント登録は英語ですし、携帯電話による認証など(その対応すら英語)が必要なので、zLogを使う人(年齢層高めが多い)にはハードルが高い気がしています

  2. 運用について 基本的にはCFD Online Forumsやyahoo知恵袋のように利用者同士が教え合う形にしておく必要がある。 上のAir Hamlog のForumは、利用者が開発者に問い合わせる形になっており、開発者が忙しく回答できない場合(メンテができなくなった場合, zLogの2002年以降のように)は使いにくいものとされてしまう

jucky154
QxSL enhancement 1

ats4パッケージのテスト実装

2022-08-25T13:22:54Z

概要

ats4パッケージにテストが実装されていないので、実装する。

JG1VPP
ZyLO enhancement 53

zLogプラグインを妄想するスレ

2022-07-26T11:21:34Z

真面目な話、zLogプラグインは、クラウド連携や自作ハードウェアとの連携が中心になる。 で、これらの分野でキラーアプリが不足している。というわけで、アイディア出しをしよう。

JG1VPP
ZyLO enhancement 3

広報資料作成

2022-07-18T13:17:06Z

問題意識 ZyLOにしてもzLog 令和editionにしても機能が十分に認知されていない(この辺はJR8PPGさんと共通の見解 (https://twitter.com/jr8ppg/status/1548997253658198016 )) そのため、なんらかの周知の工夫を行う必要がある。

解決方法

  • 機能の紹介を動画にしてYouTubeにアップロードする 特にリアルタイムコンテスト周りを優先的に
  • それをhamlifeやCQ ham radioに送って紙面にしてもらう HAMLOGが更新のたびにhamlifeに乗っているし、CQ ham radioには年に一回くらいHAMLOGの使い方というページがある

jucky154
documentation ATS-4 10

書類提出で頻出のトラブル

2022-07-10T09:03:27Z

概要

ATS-4で書類提出するコンテスト参加者が遭遇するトラブルの典型例(実例)をここに自由に記していく。

JG1VPP
ATS-4 enhancement 4

オペレーター向けの説明書の作成

2022-07-10T06:19:39Z

問題意識 自分が持っているATS-4オペレータ向けの知識を広く一般に公開し、ATS-4を利用しやすい形とする

解決方法

  • JARL サマリーシートでの提出について ** ver1.0をver2.0に修正する方法 ** 一般的ではないサマリーシート形式の場合の対応
  • なんらかしらの問題が起きても継続的にログ受付をする方法 などを書く

jucky154
ATS-4 enhancement 1

音声読み上げへの対応

2022-07-09T11:20:00Z

問題意識

音声読み上げ機能を利用して提出する参加者にとって、ATS-4が生成するHTMLは問題ありとの報告があった。

解決方法

HTMLにtitleタグを埋め込む等の対策を進める。

JG1VPP